Appleでの販売が終わり早1年半、

一部では非常に高値で取引されているiPodClassicですが

未だに人気があるのは愛用されてらっしゃるからだと思います。

持っている方は大切に使いましょう!

 

本日はiTunesと同期が出来なくなってしまったというご相談を頂きました

 

iPodClassicで同期が上手く出来なくなってしまう理由としては

・充電ケーブル差込口(ドックコネクター)破損

・ハードディスク不良

の2つが可能性として考えられます。

 

来店して頂いたお客様でしたので

すぐに動作を確認を行いました。

 

まずはドックコネクターのチェックから行いましたが

ケーブルもとくに引っかかりもなく抜き差しができ

パソコンへの反応も上々

30ピンの端子が壊れている箇所もありませんでした。

 

確認中にお客様にいろいろ話を聞いていくと

・たまにiPodClassic内部から「ガリガリ」と異音がする

・入っていた曲が消えてしまったことがある

・アルバムワークは見えるが曲が再生されない

など今の状態になるまでの経緯を聞いていくと

ほぼ100%の確率でハードディスクの寿命だということがわかりました。

 

前説が長くなりましたが

iPodClassicのハードディスク交換 フラッシュメモリー化を進めていきます!

 

こちらが今回ハードディスク不良となったiPodClassicです。

(少しだけ私の顔が映っていますが気にしないでください笑)

iPodClassic フラッシュメモリー化

 

 

まずはいつもの手順で分解をすすめます

薄くて硬いヘラを使いテンポよく開けていきます

(ここはコツがいるので初めての方は30分以上かかるかもしれません)

iPodClassic フラッシュメモリー化

 

 

開きました。

左上がバッテリー

右側がハードディスクです

iPodClassic フラッシュメモリー化

 

当店ではTranscendとSanDiskの2つのSSDを容量によって使い分けており

今回はTranscendの128GB SSDを使用します。

iPodClassic フラッシュメモリー化

 

 

イギリスから取り寄せた専用の変換基板にとりつけ

iPodClassicにはめていきます。

iPodClassic フラッシュメモリー化

 

その後、iPodClassicを起動されると

「iTunesで復元してください。」と表示が出ます。

当然のことながらSSD内にはまったくなにも入っていないので

これからパソコンをつかってプログラムを入れていきます。

iPodClassic フラッシュメモリー化

 

パソコンにつなげ復元します。

iPodClassic フラッシュメモリー化

 

復元が終わると

いつものリンゴマークが表示されいままで通りの動きをしてくれます。

情報から容量をみると120GB使えることがわかります

(なぜ128GBが120GBになっているか疑問な方はこちら)

iPodClassic フラッシュメモリー化

 

以上で修理完了です。

 

その後、当店のパソコンで同期を確認をしましたが

問題なく同期が出来ましたのでお客様にお返しし

その後、家のパソコンでも問題なく動いていると

ご連絡を頂けました(^^)

 

今回のiPodClassic フラッシュメモリー化は

すべての作業合わせて約30分ほどの作業時間となりました。

 

まだまだ使用している方も多いと思うiPodClassicですが

フラッシュメモリー化をすればハードディスクが壊れてしまっても

まだまだ使うことが出来る珍しい機械です。

 

もし壊れて眠っているiPodClassicがありましたら

ご相談くださいませ

 

お問い合わせはこちらから

—————————————————————————

Apple Juiceの姉妹ブランド、Juice Bar

ヘッドホン、イヤホンの断線修理、バランス化、
ポータブルオーディオ機器の輸入代行などを行っております。

■中野店 JR中央総武線中野駅 南口から徒歩2分

 〒164-0001
 東京都中野区中野2-23-1
 ニューグリーンビル 609号室
    AppleJuice内
 TEL:03-6382-4670

Mail:info@juicebar.jp
HP:http://www.juicebar.jp

—————————————————————————